本文へスキップ

株式会社 富士国際旅行社は旅行業をつうじ、平和な世界、民主的な社会の実現に貢献し、健康で文化的な旅行・レジャーの発展をめざします。

TEL. 03-3357-3377

〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目11-7 第33宮庭ビル4F

ヒマラヤ・トレッキング

ヒマラヤ・トレッキングへのいざない

2015年4月25日(土)発生した大地震から早や2年が経過しました。世界中から寄せられた復興支援も進み、被害を受けたカトマンズの世界遺産もようやく見学に訪れる建物が増えてきました。大きな被害が報じられたランタン地域のトレッキングコースやロッジも相当復旧しました。その他の大小の被害のあった地域も皆様に安心してトレッキングにお出掛け頂ける状況に戻りました。

とは云え、これからの本格的復旧には多くのトレッカーがネパールを訪れ、地元の反映に直接影響を及ぼすことが大切と考えます。

皆様のトレッキングご参加を心からお待ちしております。

株式会社 富士国際旅行社 社員一同

地震発生時の関係記事(参考)

当社のネパールにおける代理店コスモ・トレック株式会社、大津二三子社長とのインタビュー
当社も参加している被災地支援事業「しゃくなげの花フロジェクト」について


  2018年春、富士国際のゆっくり・のんびり
          そして安全安心なおすすめプラン
          
*説明会のご案内は下の「説明会詳細」をクリック

詳細は下記写真またはタイトルをクリック


2018年春おすすめトレッキング

コブラから
ダウラギリ8167mと
ツクチェピーク6920m眺望
ダウラギリ南壁を中心に高峰を眺望する新しいビューポイント

添乗員同行
 至近に迫るダゥラギリとアンナプルナの二つの8千m峰、ニルギリ山群など6~7千mの峰々、魚の尻尾に似た聖山マチャプチャレに迫るコプラは、眺望で著名なプーンヒルより500m近くも高い新しいビューポイントです。ダゥラギリ南壁が迫力に息をのみます。
訪れるトレッカーも少ない静かな山旅を楽みます。

・2018年4月6日(金) ~ 4月15日(日)
345,000円 (10名様以上で催行の場合)
375,000円 ( 7名様以上で催行の場合)

詳しく見る

ビンムタンから
ヒムルンヒマール7139m眺望
マナスル三山とツラギ、プンギの大岩峰眺望、隠れたビューポイントで
添乗員同行
 槙有恒隊長率いる日本山岳会隊が8千m峰を初登頂したのがマナスル(1956年)、当時登山ブームの引金となりました。山深い小村ビムタンは、マナスル、ヒムルン・ヒマール、ペリ山群の好展望地。ビムタン二連泊、聖山マチャプチャレやアンナプルナの見える小都市ポカラも訪れます。車利用による短日数プランです。

・2018年4月14日(土)~4月23日(月)
360,000円 (10名様以上で催行の場合)
390,000円 ( 7名様以上で催行の場合)

詳しく見る



     ネパール参加申込書 ブータン参加申込書

トレッキング・観光ツアー(右の地域・ツアー分野をクリック)


 



ツアー寄稿(お客様から投稿いただいたヒマラヤトレッキング体験記)

みんなの広場へ

お客様から投稿していただいたヒマラヤトレッキングツアーへの参加体験記などをご覧ください
最近の投稿から

2016/4/14~4/23

エベレスト街道をゆく

七澤様

2016/4/09~4/28

エベレストに会いに再度ヒマラヤへ

H.H様

2014/5/06~5/18

ブータン/チョモラリ トレッキング

N.I様

2012/11/02~11/17

アンナプルナ北面、トロン・パス越え

平修様

2009/10/12~10/27

ゴーキョ・ピーク、ゴズンバ湖、レンジョ・パス

平修様

2009/3/15~3/30

ゴーキョピークからレンジョ・パスへ

丹羽和子様

2008/10/14~11/10

秀峰マナスルの白い風

綾部一好様

2008/11/12~11/27

アンナプルナ内院トレッキングと、出会った花

丹羽和子様

2008/3/7~3/22

レンジョ・パス越え ゴーキョ・ピーク登頂

小林様



フォトギャラリー


大川健三氏の四姑娘山ギャラリー
スークーニャンシャンの花と湖
(クリックでギャラリーへ)


アイランドピークギャラリー
山野井夫妻と登ったアイランドピークの想い出
(クリックでギャラリーへ)




バナースペース

株式会社 富士国際旅行社

〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目11-7
第33宮庭ビル4F

TEL 03-3357-3377
FAX 03-3357-3317

観光庁長官登録旅行業第84号
JATA正会員

 富士国際旅行社へのアクセス