『旅のがっこう』とは

「スタディ・ツアー」のその先へ…

弊社では創業以来ずっと「学ぶ旅=スタディ・ツアー」を提唱・推進してきました。近年は旅そのものに学ぶことに加え、事前・事後の学習会を開催することを積極的に勧めています。
「事前学習で、実際に現地で聞く話や見るもの背景まで分かり、旅がさらに充実したものになった」「帰国後に学習することで、自分たちが何を知り、何を得てきたのか改めて感動できる」など、学習会に参加された皆さんからご好評いただいております。
そこで富士国際旅行社がお勧めする新しい旅のスタイル="学習+旅"を応援する『旅のがっこう』を開講いたしました。現地事情に詳しい講師の方々をお招きして、「最新のテーマを学ぶ・興味が広がる・実際に訪れ考える」きっかけをつくる場としていきたいと思っています。交流の中ですてきな仲間が見つかるかもしれません。入学の条件はいっさいありません。ぜひご参加ください!


すべて事前予約制となっております。
お電話またはFAX、E メール等でご連絡お願いします。
どなたでもご参加いただけます。詳細につきましては、資料をお送りいたします。
Eメール: henshu@fits-tyo.com
※場所に記載がない場合は、富士国際旅行社会議室で行います。

現在募集中の「旅のがっこう」

琉球王国から沖縄県(ヤマトユー)へ「民俗と沖縄戦 -復帰50年で振り返る近現代の沖縄-」

日 時

2022月7月9日(土)スタート! 全10回

参加費各回2,000円 全回参加19,000円 ※富士国際旅行社事務所またはオンライン参加 録画視聴可
講師

川満彰先生

【主要編著書】『沖縄戦を知る事典』(吉川弘文館・2019年)、『陸軍中野学校と沖縄戦』(吉川弘文館、2018年)、『戦争孤児たちの戦後史1 総論編』〈共編〉(吉川弘文館、2020年)、「沖縄本島における米軍占領下初の学校『高江洲小学校』」(『地域研究』7、2010年)など

内 容

1.琉球王国時代にあった沖縄の民俗(信仰・慣習・暮らし)の有様を確認しながら、日本政府がおこなった琉球処分(1879年)以後、沖縄の暮らしがどのように変容したのか。また、「国体(=天皇制)護持」のために沖縄人が日本国民の一員となっていく 構造を見ていく。

2.住民からみた沖縄戦の実相を、沖縄島北部・中部・南部、そして宮古島・八重山諸島と分けて考察する。日米両軍の軍事作戦の狭間に立たされた住民。

3.沖縄戦中・戦後に設置された米軍政府による民間人収容地区の様子を米軍資料「ワトキンス・ペーパー」を用いて考察する。

4.復帰50年となった沖縄県の現在を1-3までの歴史過程を確認しながら考察する。

*詳細パンフレットは <<< こちら >>>  *お申し込みは <<< こちら >>> 

戦後77年、これまでとこれから「学校で学ばなかった戦後史を学ぶ―学び舎『ともに学ぶ人間の歴史』を横に置きながら

日 時

2022月6月11日(土)スタート! 全9回の座学+フィールドワーク

参加費各回2,000円 全回参加17,000円 ※富士国際旅行社事務所またはオンライン参加 録画視聴可
講師

川口重雄先生

田園調布学園中等部高等部前教員(社会科歴史、地歴科世界史・日本史を担当)政治思想史学者・丸山眞男(1914~1996)の『丸山眞男集』別巻「年譜・著作目録」執筆(1997年、2015年新訂増補)丸山眞男手帖の会代表

内 容

私たちは、自分たちが育ってきた同時代の歴史、あるいはそのほんの少し前の歴史を、「時間が足りない」「もう3学期だ」などの理由で、学校の教室で学ぶことは多くありませんでした。

小学校、中学校、高等学校で、岩宿の発見は何度も学んだのに、アメリカ軍基地が日本にある根拠はと聞かれても。サンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約、日ソ共同宣言、日韓基本条約、日中共同声明、さあどんな順番に結ばれたのか。戦前の紀元節と戦後の建国記念の日の違いは。オイル・ショックとスタグフレーションの関係は。なぜバブルは起きたのか、など。

  

Only Yesterday―ほんの少し前の時代の歴史から、歴史を学び直しましょう。

1945年のアジア太平洋戦争の敗戦から始まる日本の戦後史―2001年9月11日のアメリカ同時多発

テロまでの歴史を、学び舎『ともに学ぶ人間の歴史』を横に置きながら、戦後の歴史をたどります。


座学とともに「現場」へ―オフィスでの座学に加えて、歴史の「現場」へ向かいます。連合国軍最高司令官総司令部(GHQ 日本を占領した連合国軍の本拠)の置かれた日比谷の第一生命ビル、国家と神道の分離令によって存続の危うくなった九段の靖國神社、ビキニ水爆実験の物言わぬ証言者・夢の島の第五福竜丸展示館など、私たちの足許には戦後史の「現場」が残されています。それらの「現場」へ行って、見て、考えます。

*詳細パンフレットは <<< こちら >>>  *お申し込みは <<< こちら >>>

川成洋先生講座「ジャック白井とスペイン内戦」 

日 時

2022月5月13日(金)スタート! 隔週金曜日14:00~16:00

参加費2,000円 ※富士国際旅行社事務所またはオンライン参加 録画視聴可
講師

川成洋先生(法政大学名誉教授)

内 容

【第1回】1930年代のヨーロッパ

ヨーロッパの1930年の開幕は、その前年にアメリカで発生した経済恐慌をもろに受け、俄かに社会主義・共産主義思想、それに対すると思われたファシズム思想、さらにカトリックと反ユダヤ思想、アナキズムと国粋主義といったまさに百花繚乱の思想が、政治としての武器を取り、相互に不寛容な戦いを繰り広げていた。その挙句に1930年代の終結の39年9月1日、誰もが恐れていた第2次世界大戦が勃発したのだった。だからこの1930年代をヨ―ロッパでは「怒りの30年代(アングリー・サーティンズ)」とか「赤の10年間(レッド・ディケード)」といわれている。

【第2回】20世紀のスペインとは

【第3回】国際旅団が遺したもの

【第4回】ジャック白井とは

【第5回】本当の戦いは果たしてファシズムとコミュニズムだったのか

【第6回】「カタロニア讃歌」が言いたかったこと

イギリスの作家ジョージ・オーウェルの『カタロニア讃歌』(1938年)が言いたかったこと。それは、大江健三郎がノーベル文学賞授賞式に、オーウェルのたった一つの英語の単語を述べている。勿論、その単語の意味は、今日まったく違った意味であるが。

親子3代で学ぶ コスタリカオンラインツアー

日 時

2022月6月19日(日)10:00開始 12:00~12:30終了予定(日本時間)

参加費3,000円 ※富士国際旅行社事務所またはオンライン参加
※お振込みまたはオンライン決済【当日までお申込み受付中!】
※オンライン決済でお申込みの方はこちら、Peatxiのサイトから!

https://esdworkshop.peatix.com/

内 容

◎現地にお住まいのベテラン通訳さんから、コスタリカの歴史・生活・平和憲法などについてレクチャー頂きます♬


◎ケツァルと高品質のコーヒーで有名なセロ・デ・ラ・ムエルテ地方を中心に活躍するベテランネイチャーガイド、アンドレスさんのご案内でコスタリカでしか見られない希少な鳥たちを観察します!


◎現在の街の様子やコスタリカの日常を覗いてみましょう!


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

太平洋とカリブ海に面した常備軍を持たない環境保護先進国の国、コスタリカ。現地在住の方からコスタリカの様々な面についてのお話とネイチャーガイドによる貴重な動植物のレクチャーをご覧いただきます。


世界幸福度指数1位と言われ、民主主義や持続可能性の考え方が国民に根付いているその理由を探ります。


子どもから大人までが学びながら楽しめる内容になっています。


花散策を楽しむ スイスオンラインツアー

日 時

2022月7月16日(土)15:00~17:00(日本時間) 途中入退室自由

参加費3,000円 ※富士国際旅行社事務所またはオンライン参加
※お振込みまたはオンライン決済【当日までお申込み受付中!】
※オンライン決済でお申込みの方はこちら、Peatxiのサイトから!
https://fits-0723muerren-online.peatix.com/
内 容ユングフラウ地方の深い谷の崖の上に広がるミューレンは、3大名峰(アイガー・メンヒ・ユングフラウ)を望む、
ガソリン車が入れない環境にやさしい可愛らしい山村。
7月は高山植物が咲くアルメントフーベルでユングフラウ3山が並んで見える風景を見ながらハイキングがおすすめです。

今回のオンラインツアーでは、ミューレン在住のルーツ弥栄子さんとリアルタイムでつなぎ、現在の市民生活の様子を伝えていただきます。
たくさんのお花が一面に咲くアルメントフーベルからミューレンまでのハイキングコース・バーチャルツアーもお楽しみください。

過去に実施した「旅のがっこう」

観光3大都市をめぐるイタリアオンラインツアー

日 時

2022月5月21日(金) 15:00~18:00終了予定(日本時間)途中入退出自由

参加費3,000円 ※富士国際旅行社事務所またはオンライン参加
※お振込みまたはオンライン決済【当日までお申込み受付中!】
※オンライン決済でお申込みの方はこちら、Peatxiのサイトから!
https://fits-0521italy-online.peatix.com
内 容

街のあちこちに古代遺跡が数多く残る首都ローマ、ルネッサンスの芸術文化や建築が残る花の都フィレンツェ、

運河が巡らされた水の都ヴェネツィアの街を、現地在住のガイドさんがリアルタイムでご案内するバーチャルツアーをお楽しみください。

■ローマ散策15:05~15:55

■フィレンツェ散策16:00~16:50

■ヴェネツィア散策16:50~17:40

■質疑応答(20分)

富士国際×日本AALA共催学習会「ASEANの平和構想と議長国カンボジア」 

日 時

2022月5月20日(金) 14:00~16:00

参加費2,000円 ※富士国際旅行社事務所またはオンライン参加
※お振込みまたはオンライン決済【当日までお申込み受付中!】
※オンライン決済でお申込みの方はこちら、Peatxiのサイトから!
https://fits-aala-0520asean.peatix.com/
講師鈴木勝比古さん
1970年代にしんぶん赤旗外信部特派員としてベトナム戦争のハノイへ駐在。
以後、東欧・世界各地をまわり激動の時代を報道し続ける。
社会主義の視点から現代社会を分析する数少ないジャーナリスト。
内 容

■ASEANはなぜインド洋まで平和構想を広げるのか?

■ASEANの大半が核兵器禁止条約を批准したのはなぜか?

■議長国カンボジアが国連のロシアの非難決議の提案国・賛成国になったのはなぜか?

■議長国カンボジアはミャンマー問題のASEAN合意をどう生かして、事態を改善するのか?

日本で知られていない多くの疑問に答えます。

中塚明先生講演会「日本近代史の危ない見方」 

日 時

2022月4月29日(金・祝) 14:00~16:00

参加費3,000円 ※富士国際旅行社事務所またはオンライン参加 録画視聴可
講師

中塚明先生

内 容

日本の知識人と呼ばれる人びとが、 明治という時代をどう評価していたかを考えます。

コスタリカ国連平和大学内・地球憲章センターコラボ企画「持続可能な開発のための教育(ESD)オンライン・ワークショップ」(連続4回)

日 時

2021月1月16日(土)10:00~12:00(募集終了)

参加費20,000円(全4回分)
※お振込みまたはオンライン決済【当日までお申込み受付中!】
※オンライン決済でお申込みの方はこちら、Peatxiのサイトから!

https://esdworkshop.peatix.com/

講 師

地球憲章センター(日本語逐次通訳あり)

内 容

コスタリカにある国連平和大学内の地球憲章センターとのコラボ企画、オンライン・ワークショップを企画しています。

「持続可能な開発のための教育」、知識を得てその知識を持続可能な社会づくりのために活かすための学習や活動を実現するための教育について学びませんか。


持続可能な開発のための教育(ESD)ワークショップ

ESDの目的や特徴、実践について、その概念を学びます

日本政府はESD推進の労力に対して、UNESCOへの資金および技術サポートを通じて重要な寄与をした国のひとつです。

そのため、持続可能な開発のための教育ESDとは何なのか、その目的、関係する教育学、そこに掲げられたスキル、また様々なテーマ軸をどのように交差させるのかといったことについて知ってもらうことが重要です。また、様々な国においてESDがどのように具体化されているかを知ることも大切です。

世界的な疫病および移動が困難な状況を鑑み、日本の方々に現在の教育アジェンダESD2030に関する研修の第一歩を踏み出していただけるよう、地球憲章センターより、オンライン・ワークショップを提案いたします。


<本ワークショップの目的>

日本の方々、教育に携わる方々に、地球憲章を利用してもらうことにより、持続可能な教育(ESD)についての知識や、その学習プロセスにおいて個々の持続可能性の本質を統合する能力を強化する場を提供する。なお、今回のワークショップは、地球憲章センターが通常行っている6カ月のワークショップの導入的コースです。


第五福竜丸展示館と築地市場周辺ツアー

日 時

2020年12月5日(土) 13:00~16:30(募集終了)

参加費

3,500円(要予約)


講師

川口重雄さん(第五福竜丸平和協会理事)


内 容

13:00新木場駅集合→(途中、都立夢の島公園内の東京五輪アーチェリー会場脇を通ります)→第五福竜丸展示館(館内見学、学芸員の方の講話)→展示館脇のマグロ塚、福竜丸エンジン見学→新木場駅→地下鉄で移動・有楽町線新富町駅→築地本願寺→都営大江戸線築地市場駅付近(ビキニ事件のマグロ廃棄場所付近)→築地市場跡→波除神社(築地の鎮守)→16:30ごろ波除神社にて解散→ご希望の方には日比谷線築地駅までご案内します。

~観光コースではない東京歴史散歩~靖国神社・遊就館ツアー

日 時

2020年11月28日(土)13:00~16:30(募集終了)

参加費

3,500円(要予約)


講師

東海林次男さん

(東京歴史教育者協議会会長)

内 容

13:00靖国神社 境内大鳥居手前の社号碑集合→講師のご案内で、靖国神社境内を見学(約1時間半)→休憩→遊就館見学(自由見学、約1時間半)→講師よりまとめのお話
16:30 フィールドワーク終了

英語リーディング講座

川成洋先生 「懐かしい、イングランド、その20世紀の点描」

日 時

未定

参加費

1回毎 2,000円

講 師

中村みずきさん

内 容

<英語ニュースを読む>海外では日本のニュースがどう報じられているか、いま世界で何が起きているのかなど、日本のメディアが伝えない海外ならではの視点に触れることができます。

日 時

いずれも14:00~16:00 (募集終了)

(オンライン同時開催)

①4月14日(火)中止 ②6月2日(火)中止 ③8月4日(火)中止

④9月8日(火)終了   ⑤11月17日(火) 

⑥12月8日(火)

参加費

各回1,000円

講 師

川成洋先生(英文学者、社会学博士)

内 容

政治、戦争、王室、秘密情報部、教育、文学のお話を通して、20世紀初頭から「シニア・パートナー(兄貴分)」としての20世紀のイングランド。われわれはこの国をどう見るべきか?はたして学ぶべきものがあるのだろうか・・・英文学者の川成先生によるイギリス連続講座です。